座位姿勢について

 みなさんは普段どのように座られていますか?

 姿勢は気をつけているんだけど肩が凝る。デスクワークが長時間になると頭が痛くなる。など日常的に座っている姿勢がその人の症状に影響している場合が数多くあります。

 では実際、日常での座位姿勢を見ると右下の写真のようになっていないでしょうか?
 

悪い座位姿勢

 これは悪い座位姿勢の例です。

 背骨がC字のカーブになっており頭を含めて上からの負荷が下にそのまま伝わり、とくに腰や首に負担がかかるため容易に症状が出てくる可能性があります。
 

い座位姿勢 

 次の写真は良い座位姿勢の例です。
 首と腰が前に飛び出した カーブ、胸が後ろに飛び出したカーブでS字のカーブになっています。この場合は上からの負荷が前後に分散されており、腰や首の負担が軽減される形となっています。座位姿勢としてはこのS字カーブが望ましいです。

 では理想とするこのS字カーブを作るためにはどうすればいいのでしょうか? 

 

良い座位姿勢の作り方

 椅子に深く腰掛けて腰の後ろにサポートになるもの(例えばタオル)を入れてS字カーブを作ります。ポイントとしましては
 ・座骨(お尻の左右にある骨)に体重が
  かかる
 ・おへそを少し前に出し、胸を張る
 ・頭は後ろに引き(顎も引く)、天井から
  糸で引っ張られる
イメージをもつ
などが挙げられます。

良い座位姿勢の作り方

 また別の方法として以下に示します。
 先ほど腰の後ろにタオルを当ててサポートしましたが(右図黄色の楕円の部分)、そのタオルを骨盤の後ろの骨の出っ張りのところ(PSIS:上後腸骨棘)にタオルを当てることで(青色の半円の部分)自然と腰のカーブが出てきて背骨全体のS字カーブが出来上がります。

 こちらの方法が楽に座れる方もいらっしゃいます。

 タオルがなくてもS字カーブが保たれることが理想ですが、日常的にC字カーブで座られている方はまずは上記の方法を参考に少しずつS字カーブに戻すことから始めてみてはいかがでしょうか?

 
あなたの現在の姿勢や身体の硬さによって理想の座位姿勢が取れない場合もありますので、その場合は当院スタッフにご相談ください。あなたに適した座位姿勢をご提案させていただきます。

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せ

088-821-8166

<受付時間>
 9:00~21:00 ※不定休
フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

頚椎症性神経根症でお悩みのあなたへをアップしました。
お客さまの声をアップしました。
PMSでお悩みのあなたへをアップしました。

アクセス

088-821-8166
住所

〒780-0056 
高知県高知市北本町4丁目6-48 笠井ビル 1F

高知駅から東へ徒歩10分
駐車場:当院前に3台あり

営業時間

9:00〜21:00
お問合せ・ご予約フォームは24時間受け付けております。

休業日

不定休
詳しくはお電話ください。