めまいでお悩みのあなたへ

このような症状でお悩みではありませんか?

 ✔    周囲のものが回る

 ✔    自分の身体が回る

 ✔    床と身体が一緒に回る

 ✔    身体がフラフラする

 ✔    頭の中がクラクラする

    ✔   乗り物に酔っているようになる

    ✔   目の前が暗くなる

 

めまいとともに以下の症状が当てはまる方は速やかに医療機関を受診してください!
脳血管障害の可能性があります!

✅   急にしゃべりにくくなり、ろれつが回らなくなる

✅    片側の手足に力が入りにくくなる

✅    立てない、歩けなくなった

✅    一時的に意識がなくなった

✅    物が二重に見える(複視)

✅    今までで最悪(激しい)の頭痛

めまいの分類

 めまいの分類としては、回転性めまい(vertigo)浮動性めまい(dizziness)の大きく2つに分類されます。
 
 回転性めまいの症状
、周囲もしくは自分自身がグルグル回転する感じがする。耳鳴りや耳が聞こえにくくなったり(難聴)という特徴があります。めまいの程度としては激しい。

 浮動性めまいの症状は、身体がフラフラする、頭がクラクラする、なんとなく足元がふらつく。めまいの程度としては軽いことが多い。


めまいを伴う疾患

 
 回転性めまい:①耳疾患によるもの(メニエール病、良性発作性頭位めまいなど)
        ②第8脳(聴)神経障害によるもの(聴神経鞘腫、前庭神経炎など)
        ③前庭角および脳幹の障害によるもの(椎骨脳底動脈循環不全症、小脳出血、
         脳腫瘍など)
        ④頚部に起因するもの(頚部変形性脊椎症、むち打ち損傷など)

 浮動性めまい:①循環障害によるもの(脳梗塞、頭蓋内出血、一過性脳虚血、高血圧症、
         起立性低血圧症など)
        ②貧血をきたす血液疾患
        ③中枢神経の機能的障害(てんかん、片頭痛など)
        ④脳の器質的疾患(外傷、腫瘍、炎症、変性)
        ⑤頚性のもの(変形性頚椎症、むち打ち損傷)
        ⑥眼科的疾患(眼鏡不適、眼精疲労、外眼筋麻痺など)
        ⑦過換気症候群
        ⑧心因性めまい(ヒステリー、心気症、不安神経症、うつ状態)
        ⑨自律神経失調症
        ⑩鼻疾患(副鼻腔炎)
        ⑪耳疾患(外耳・中耳炎、耳管狭窄)
        ⑫月経、妊娠、更年期障害、子宮発育不全
        ⑬中毒(アルコール、ニコチン、眠剤など)
        ⑭低血糖症など代謝異常、甲状腺機能低下、副甲状腺機能低下など
        ⑮顎関節症候群
        ⑯頭蓋の異常によるもの(頭蓋底陥入症)
        ⑰加速度病(乗り物酔い)

 上記のようにめまいを伴う疾患は数多くあり
、ここでは頻度の多いメニエール病、良性発作性頭位めまいについて取り上げます。


メニエール病
 回転性めまい、耳鳴り、難聴を主症状とする内耳性の病変である。めまいとともに嘔気、嘔吐を伴うことが多く、めまいの持続時間は10分から数時間程度である。耳鳴りや難聴はめまい発作前または同時に出現、増強し、めまいの軽減とともに軽快することが多い。メニエール病の原因は内リンパ水腫と考えられている。この内リンパの過剰生産、または吸収障害がいかにして生じるかは明らかになっていません。多くの場合、30ないし50歳代に発症し、男女差はあまりないがやや女性に多いと言われている。めまい発作は反復するが、その発作の間隔は一定ではない。

病院でのアプローチ(対症療法がメイン)

 保存的治療として、浸透圧利尿剤、抗めまい薬、抗不安薬、ビタミンB12、漢方薬などの薬物治療や過労・睡眠不足・ストレス回避に対する生活指導、心理的アプローチが行われます。保存的治療でめまいが抑制できない難治性の場合には鼓膜を介して内耳に圧の波を送る中耳加圧治療があり、さらに困難な場合には手術(内リンパ嚢解放術)が行われることがある。

 

良性発作性頭位めまいbenign paroxysmal positional vertigo: BPPV
 ある頭位をとったり、頭を動かしたときに起こる激しいめまいで、悪心、嘔吐を伴うこともある。めまいは回転性でめまい頭位にするとめまいは自然と増強し、次いで減衰、消失する。持続時間は数秒から長くても数十秒である。良性発作性頭位めまいの原因は、内耳の前庭器(耳石器、半規管)にあります。前庭にある耳石と呼ばれるカルシウムでできた小石が剥がれ、三半規管内に入り込むことでリンパ液の流れに影響を及ぼして「誤った頭の動き」の情報を脳に送ることでめまいが生じると考えられています。めまい頭位をとり続けたり、頭位の変化を反復するとめまいは軽快、消失し、誘発されにくくなるが、時間が経つと再びめまい頭位で誘発される。耳鳴りや難聴を伴わないのがメニエール病との違いです。

 病院でのアプローチ(対症療法がメイン)

 抗めまい薬,抗不安薬,血管拡張薬などの薬物治療と頭位治療(Epley法)がある。Epley法は、頭部の運動により半規管内にある耳石をもとの位置に戻す方法であるが、頚椎に問題がある場合は行わない。

当院のめまいに対するアプローチ(根本治療がメイン)

 首や肩まわりの筋肉が緊張したり、猫背になったり、骨盤がゆがんでいるなど全身のバランスが崩れた結果、まめいを起こしていると考えています。

 当院では視診、触診にて頭蓋骨、脊柱、骨盤帯、内臓、神経系などを検査したうえでめまいの根本的な原因となっている箇所を見つけて施術を行います。

    当院でしっかりと原因をみつけてアプローチすることでバランスの取れた身体を取り戻しま       しょう!

 

終わりに

 最後までご覧いただきありがとうございます。
 めまいをお持ちの方は、精神的ストレスや不安を抱えた状態であり、日常生活に支障をきたしています。当院では問診から必要な情報を十分に収集したうえで丁寧に施術を行い、より多くのめまいの方のお悩みを解消し、笑顔で毎日を送れるようにアプローチさせていただきます。

 お悩みを解消するお手伝いを、ぜひ当院にさせてください。あなたのご来院を心よりお待ちしております。

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せ

088-821-8166

<受付時間>
 9:00~21:00 ※不定休
フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

胸郭出口症候群でお悩みのあなたへをアップしました。
トップページをリニューアルしました。
自律神経失調症でお悩みのあなたへをアップしました。

アクセス

088-821-8166
住所

〒780-0056 
高知県高知市北本町4丁目6-48 笠井ビル 1F

高知駅から東へ徒歩10分
駐車場:当院前に3台あり

営業時間

9:00〜21:00
お問合せ・ご予約フォームは24時間受け付けております。

休業日

不定休
詳しくはお電話ください。