膝関節痛でお悩みのあなたへ

このようなお悩みはありませんか?

   ✔   歩き始めに膝が痛む

   ✔   膝が痛くて歩くのが苦痛

   ✔  膝が痛くて 階段の上り下りが辛い

     ✔ 仰向けで膝を伸ばすとリラックスできない

   ✔   膝が痛くてしゃがんで作業ができない

   ✔   毎日のように湿布を貼っている

   ✔   病院に行っても良くならない

ここでは膝の痛みでは特に多い変形性膝関節症について取り上げます

変形性膝関節症


原因・誘因

 明らかな原因となる疾患がない一次性関節症、原因になる疾患がわかっている二次性関節症に分類されます。変形性膝関節症は一次性の関節症で、多くは老化による関節軟骨の変性が原因です。年齢と共に関節軟骨が弾力性を失い、使い過ぎにより擦り減って関節が変形してしまいます。また、肥満などによる関節への過度の負担は軟骨の変性を促す要因になります。
 ちなみに二次性関節症の原因は代謝性疾患などが原因になる場合や、股関節の臼蓋形成不全のように関節の配置の変化により関節軟骨に過大な荷重がかかるために起きる場合などがあります。

 

症状・臨床所見

 疼痛や可動域制限が起こります。関節腔を覆う滑膜に炎症が起こると関節液が貯留し、関節が腫脹することがあります(関節水腫)。進行すると関節の摩耗や骨の増殖性変化のために関節の変形を生じます。膝関節は内反変形が起こることが多いです。

 

検査

 X線検査:関節裂隙の狭小化、骨棘の形成、軟骨下骨の硬化、骨のう胞などが見られます。
 血液検査:異常がありません。

 

一般的な整体や病院での変形性膝関節症へのアプローチ(対症療法がメイン)

 保存療法:関節周囲の筋力訓練やストレッチ、ヒアルロン酸ナトリウムの関節内注射、電気治療、痛み止めの薬、肥満     
      の場合は体重の減量があります。
 手術療法:保存療法で効果が得られない場合は、骨切り術や人工関節術などを行います。

 

当院の変形性膝関節症に対するアプローチ(根本治療がメイン)

 変形性膝関節症の場合、筋膜の張力による局所への圧縮力や血流が持続するために発生すると考えます。下半身に歪みがあると、立っている時は荷重軸がずれることで膝関節の内側に圧縮力が高まったり、寝ていても膝への圧縮力がある状態になることがあります。下半身の骨を正常な位置関係に戻すことで膝への集中した圧力を取り除いて痛みの改善に導きます。

 

終わりに

 変形性膝関節症のように気質的な病状においては変形を元に戻すことはできません。しかし、今の膝関節でなるべく機能を発揮できる状態に調整していくことは可能であり、その状態を維持していくことは変形の進行を少しでも抑えることにもなります。まだ歩けるからと思って我慢して重症化してしまう前にぜひ当院にご相談下さい。

 

 

お気軽にお問合せください

お電話でのご予約・お問合せ

088-821-8166

<受付時間>
 9:00~21:00 ※不定休
フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

頚椎症性神経根症でお悩みのあなたへをアップしました。
お客さまの声をアップしました。
PMSでお悩みのあなたへをアップしました。

アクセス

088-821-8166
住所

〒780-0056 
高知県高知市北本町4丁目6-48 笠井ビル 1F

高知駅から東へ徒歩10分
駐車場:当院前に3台あり

営業時間

9:00〜21:00
お問合せ・ご予約フォームは24時間受け付けております。

休業日

不定休
詳しくはお電話ください。